特徴02

性別・年齢を踏まえた分析

腸内細菌叢は、性別や年齢によって大きく異なるため、被検者の性別・年齢を踏まえた分析結果を提供します。

約18,000人の日本人の腸内細菌叢解析データベースを用いた当社の研究により、腸内細菌叢を構成する各菌属の構成比率(占有率※)や腸内細菌叢と疾病の関連は、性別によって異なることが判明しています。
また、腸内細菌叢は年齢によって変化するため、腸内細菌叢の検査・分析においては、被検者様の性別と年齢を考慮した分析を行う必要があります。

性別・年齢を踏まえた分析

※占有率とは、個人の腸内細菌叢において特定の細菌が占める割合を示します。