月経前症候群(PMS)と腸内細菌


月経前症候群(PMS)と腸内細菌


いま日本では、月経のある女性の70~80%が月経前に何らかの不調を感じており、およそ20人に1人は日常生活に支障があるほどの症状を感じる月経前症候群(Premenstrual Syndrome:PMS)に悩まされています。


PMSである場合、月経前の3〜10日間に精神的あるいは身体的な不調が起こり、月経がはじまるとその不調は消えていく、ということが数か月続きます。


具体的な不調としては、抑うつ、いらだち、不安などの気分の変化や、頭痛、浮腫み、体重の増加などの身体の変化が知られています。


こうしたPMSの症状に、心当たりがある女性もいらっしゃるのではないでしょうか?


今回は、PMSと腸内細菌の関係についてお話しします。


目次[非表示]

  1. 1.PMSの治療方法
  2. 2.PMSと腸内細菌の関係
  3. 3.腸内細菌を介したPMS対策


PMSの治療方法


PMSは、女性ホルモンの変動や、セロトニンなどの神経伝達物質の異常、食生活との関連などが指摘されていながらも、いまだはっきりとした原因はわかっていません。


日本では、PMSによる不調に対する対症療法として、鎮痛薬や漢方薬などが使用されています。


低用量の経口ホルモン剤を用いることもありますが、症状が改善しない場合もあるようです。


そのほか、カウンセリングや食事療法、生活習慣の改善、運動療法など、さまざまな治療法があるものの、効果には個人差があり、根本的な治療薬も発見されていないというのが現状です。


PMSと腸内細菌の関係


そのようななか、近年、婦人科系の病気には腸内細菌が関係していることが明らかになってきました。


多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)はBifidobacterium(ビフィドバクテリウム)との関連が指摘され、子宮筋腫はPseudomonas stutzeri(シュードモナス・スタッツェリ)とPrevotella amnii(プレボテラ・アムニー)との関連が報告されています。


これらのことから、同じ婦人科系の疾病であるPMSについても、腸内細菌と関連する可能性が考えられます。


そこで当社では、PMSと腸内細菌の関係性を明らかにすることを目的に、PMSに罹患している日本人女性(PMS群)と健康な日本人女性(対照群)の腸内細菌叢を比較する研究に取り組み、2022年にその成果を論文発表しました。


この当社による研究の結果、PMS群は特徴的な腸内細菌叢を保有していることがわかりました。
菌属レベルの解析では、PMS群は対照群に比べてCollinsella(コリンセラ)、Bifidobacterium(ビフィドバクテリウム)、Blautia(ブラウティア)が多かったのです。


PMSに関連する腸内細菌


これら3つの腸内細菌は、いずれも糖を分解することが知られています。


一方で、PMS群は対照群に比べて菓子類の摂取量が有意に多くなっていたこと、また、糖を摂取することにより一時的に血糖値が上がっても、その後急激に低下することで疲労感、憂うつ感など、不安定な気分になることが報告されていることから、当社は、PMSの精神的な症状を悪化させる原因の一つには、腸内細菌が糖を分解することによる血糖値の急激な変化があるのではないかと考えています。


また、3つの腸内細菌のなかでも、特にPMSとの強い関連性が示されたのがCollinsellaです。


Collinsellaは、多くの日本人が保有する腸内細菌ですが、PMS以外にも、動脈硬化、高脂血症、高血圧、2型糖尿病、非アルコール性脂肪肝炎の患者の腸内に多いことが報告されています。


いくつかの疾病に関連することも考慮すると、PMSの予防や改善にはCollinsellaをターゲットとしたプレバイオティクスを取り入れるなど、食生活の見直しが有効である可能性があります。


腸内細菌を介したPMS対策


腸内細菌は摂取する食品の影響を受けて変動することが知られていますが、例えば、上述のCollinsellaに関しては、赤身肉などの動物性たんぱく質の摂取量が多い人や、食物繊維の摂取量が少ない人で占有率が高いと報告されています。


これまでお話ししたような腸内細菌との関連性を考えると、PMSの予防や改善のためには、バランスのよい食事内容を日々心がけることが大切だといえるでしょう。


ただし、すでにPMSの症状がつらくて悩んでいる方は、医療機関を受診することが第一ですので、まずは婦人科など専門医にご相談ください。


参考文献
公益社団法人 日本産科婦人科学会. https://www.jsog.or.jp/
日本産科婦人科学会編.『産科婦人科用語集・用語解説集 改訂第4版』.日本産科婦人科学会 (2018).
Tanaka, E. et al. J Med Econ 16, 1255–1266 (2013).
Rubinow, D. R. et al. Front Neuroendocrinol 27, 210–216 (2006).
Rapkin, A. J. et al. Obstet Gynecol 70, 533–537 (1987).
Nagata, C. et al. Am J Clin Nutr 105, 426–431 (2017).
Farasati, N. et al. Br J Nutr 114, 2016–2021 (2015).
BJOG 124, e73–e105 (2017).
Hassan, S. et al. Genes (Basel) 13, 379 (2022).
Mao, X. et al. Front Cell Infect Microbiol 12, 863594 (2022).
Okuma, K. et al. Int J Womens Health 14, 1435–1445 (2022).
van Soest, A. P. M. et al. Nutrients 12, E3471 (2020).
Gomez-Arango, L. F. et al. Gut Microbes 9, 189–201 (2018).
Karlsson, F. H. et al. Nat Commun 3, 1245 (2012).
Takagi, T. et al. Nutrients 12, 2996 (2020).
Astbury, S. et al. Gut Microbes 11, 569–580 (2020).



当社が提供している腸内細菌叢の検査・分析サービス「SYMGRAM」(医療機関向け)および「健腸ナビ」(一般個人向け)では、大腸がんや認知症、アトピー性皮膚炎など、約30種類の疾病リスクを網羅的に分析。

疾病リスクだけでなく、リスクを下げるための食品情報、酪酸や乳酸を産生する菌の割合やバランス評価など、きめ細やかなレポートで皆様の健康をサポートします。

SYMGRAM

健腸ナビ





関連記事

Service

タグ一覧

ページトップへ戻る